この記事は約 1 分で読めます。

美肌と化粧品の密接な関係

美肌になるためには化粧品が重要です。
学生の頃からずっと同じ化粧品を使っていませんか?
それでも大丈夫な人は大丈夫だと思いますが、年齢とともに肌に合う化粧品は変わってきます。
肌の具合によっては今まで使ってきたものを違うものに変える勇気も必要になります。

大きく違うのは皮脂の量です。
若いころは皮脂の量が多く、ちょっと洗顔をさぼったらすぐにニキビができてしまうような感じだったと思います。
それが年齢とともに皮脂の量が少なくなり、逆に乾燥しやすい肌になってしまいます。
そこで若いころと同じように洗顔で皮脂を根こそぎ洗い流してしまうと乾燥に拍車がかかり、化粧水や保水液をどんなに使ってもなかなかケアできなくなってしまいます。
まずは自分の肌の状態がどの程度なのかを化粧品売り場で相談してみると良いかもしれません。

生活リズムの変化も大きな影響を与えます。
仕事や家事に追われるようになると自分のために時間をさくのが難しくなってしまい、ケアが雑に、場合によっては全くケアしないような状態になってしまうことも考えられます。
またストレスも感じやすくなるので肌にトラブルが発生しやすくなります。
そんな時は普段から使いやすいもの、入浴後や就寝前、起床後に簡単につかえる化粧水、出勤前であれば日焼けの効果のあるものでも良いかもしれません。

数年後の自分がどうありたいかをイメージして、妥協することなくケアを行っていきましょう。

美肌と化粧品の密接な関係へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。